【速報】大坂なおみ 全豪初のベスト4進出。2連敗中の世界7位に5ゲームしか許さず[全豪オープン]

©株式会社WOWOW

「全豪オープン」準々決勝での大坂なおみ

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~26日/ハードコート)の大会10日目、女子シングルス準々決勝で第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第6シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)と対戦。6-4、6-1のストレートで大坂が勝利し、「全豪オープン」では自身初のベスト4進出を果たした。

ミスが多いながらもなんとか第1セットを先取した大坂のサービスゲームから第2セットも始まった。

第1ゲームをキープした大坂は、第2ゲームで0-40とチャンスを迎えた。1本はスビトリーナのサーブにしのがれたが、続くプレーでラリーの末に大坂のショットがコードボールとなってポトリとスビトリーナのコートに落ち、ブレークに成功した。

第1セットではすぐにブレークバックを喫していた大坂だが、第3ゲームをしっかりとキープし、立ち上がり3ゲームを連取した。

そしてこのタイミングでスビトリーナがトレーナーを呼んでメディカルタイムアウトを取り、首から肩の辺りの治療を受けていた。

第4ゲームでもブレークチャンスを迎えた大坂。デュースに持ち込まれたが粘ってブレークし、2ブレークアップとした。

続く第5ゲームでスビトリーナにブレークポイントを握られたがしっかりとしのぎ、ゲームカウントは5-0と大きくリードを広げた。

第6ゲームはスビトリーナにキープされたが、続く第7ゲームが大坂のサービング・フォー・ザ・マッチに。ここも大坂が主導権を握ってキープし、6-1で第2セットを連取して勝利を決めた。

この試合の前までは2勝3敗、さらに2連敗中と負け越していた相手に大坂はわずか5ゲームしか許さなかった。勢いを増す大坂がグランドスラム2大会連続の優勝なるか、期待がさらに高まる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」準々決勝での大坂なおみ
(Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら