くまモンへのチョコ、子ども食堂や児童施設に バレンタイン企画、フードバンク活用

©株式会社熊本日日新聞社

ファンからもらったバレンタインチョコを前に喜ぶくまモン=2018年2月15日、県庁

 2月14日のバレンタインデーを前に、昨年も600個近いチョコをもらったモテモテのくまモンが、今年は、もらったチョコの一部を、一人親家庭や子ども食堂、児童施設などに食料支援する「フードバンク事業」に充てると表明、ファンの理解を求めている。

 熊本県知事公室くまモングループによると、くまモンがもらったチョコは2017年が533個、18年が581個。香港や台湾など海外からも届く。

 届いたチョコは「全てくまモンがおいしくいただいている」(同グループ)が、今年は、くまモンのメタボ体形解消に加え、「お友達の役に立ちたかモン」という本人の意向から、フードバンクへの提供を初めて企画した。

 チョコの送り主の住所や名前が分かる場合は、3月14日のホワイトデーに合わせて、くまモンがお礼のメッセージカードを送る予定という。(太路秀紀)

(2019年1月23日付 熊本日日新聞朝刊掲載)