台湾の人気ブロガー4人、漆塗りやそば打ち体験/二戸

©株式会社デーリー東北新聞社

 冬の北東北の魅力を発信しようと、二戸市とJR東日本盛岡支社は16~20日、台湾の女性人気ブロガー4人を招いたツアーを実施した。同市で漆塗りやそば打ち体験、郷土料理を堪能した人気ブロガーたちは「人の温かさを感じた」などと感想を語った。

 ツアーは4泊5日の日程で岩手、青森両県の観光スポットを回った。同社の調査によると、台湾の訪日旅行者は食や温泉、自然・景観、歴史・文化などを地方旅行に求めているといい、これらの要素を盛り込んだ行程にした。

 4人は18日、同市の漆器製造販売施設「滴生舎(てきせいしゃ)」、「米田工房そばえ庵」、「北のチョコレート工場&店舗2door(ツードア)」、南部美人の酒蔵を訪問し、おぼない旅館に宿泊した。

 そばえ庵では、岩手県食の匠に認定されている米田カヨさんから手打ちそばの作り方を教わったほか、夕食は、おぼない旅館で漆器に盛られた日本料理を味わい、二戸の魅力を満喫した様子だった。

 参加したチェンシンシンさん(32)=ブログ上の名前=は「日本の地方の人の暮らしや食を知れて良かった」、チェントントンさん(32)=同=は「二戸には漫画に出てくるような田舎の原風景や温泉があり、どこか懐かしい感じがしたし、人の温かさを感じた」と話していた。

【全文】

米田カヨさん(右)から手打ちそばの作り方を教わる台湾の人気ブロガー