被災ピアノ寄贈で書類送検

楽器店が横領の疑い、宮城

©一般社団法人共同通信社

2016年8月、宮城県石巻市の市立病院の開院式典で披露されたグランドピアノ

 東日本大震災で被災したピアノを預かった宮城県石巻市の楽器店が無断で修復し、市立病院に引き渡したとして、県警石巻署は23日までに、業務上横領の疑いで、男性店主(89)を書類送検した。18日付。

 楽器店は、米人気歌手シンディ・ローパーさんの寄贈品としていた。被災ピアノの保存活動を行う団体が所有権を主張し、店主を刑事告訴していた。

 告訴状などによると、ピアノは市立雄勝中で被災。団体が譲り受け、2013年4月に楽器店へ保管を依頼した。団体が16年3月に引き取りたいと求めると、店側は拒否。その後、同年8月に病院へ寄贈されたものと型番が一致していることが分かった。