東京五輪テスト大会の名称決定

「レディ・ステディ」

©一般社団法人共同通信社

2020年東京五輪・パラリンピックのテスト大会で使用されるロゴ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、競技ごとに原則本番会場で運営のリハーサルを行うテスト大会の名称が「READY STEADY TOKYO(レディ・ステディ・トウキョウ)」に決まったと発表した。原則として組織委主催の大会で使用する。「気を引き締めて、成功に向かって進んでいこう」との意味を込めた。青色をベースに選手の躍動感を表現したロゴも発表された。

 全体で56大会を予定するテスト大会のうち、第3弾として15大会を公表した。バスケットボールは今年8月予定の日本代表の国際大会(さいたまスーパーアリーナ)などがテスト大会を兼ねる。