外国人拡大「自治体と連携図る」

衆院法務委で法相、地方に担当官

©一般社団法人共同通信社

衆院法務委の閉会中審査で答弁する山下法相=23日午後

 外国人労働者の受け入れを拡大する新制度について、衆院法務委員会は23日、閉会中審査を実施した。山下貴司法相は、各地の地方入国管理局を改組して発足させる地方出入国在留管理局に、受け入れ環境整備や省庁間調整を受け持つ担当官を配置すると述べた。2月初旬から47都道府県で新制度説明会の実施を調整中であることも明らかにし、「自治体との連携を図る」と強調した。

 4月1日の新制度開始を前に、外国人を受け入れる自治体などからは、整備が進んでいないことや国の相談先が不明確といった指摘が出ている。