インフルの小6、転落してけが

埼玉、マンション3階

©一般社団法人共同通信社

 埼玉県鶴ケ島市教育委員会は23日、インフルエンザで学校を休んでいた同市立小6年の男児が、22日午後に自宅マンションの3階から落ちて負傷したと明らかにした。命に別条はなく、県警が詳しい状況を調べている。

 地元消防によると、22日午後3時ごろ、男児が5階建てマンションの3階から転落するのを近隣住民が目撃し119番。男児は車庫の屋根にぶつかってから地面に落ちたという。

 市教委によると、男児はインフルエンザで21日から学校を休んでいた。