明けましておめでとうございます 区長 酒井 直人

東京都中野区

©株式会社パブリカ

昨年の就任以来、さまざまな場面で区民のみなさんの声をいただく中で、中野を思い行動する「区民の力」の大きさを実感しています。月に2回実施しているタウンミーティングでは、グループディスカッション形式を取り入れました。対話を通じて「区民みんなでつくる中野」の実現に向け、改善や工夫を重ねながら、区政を進めていきます。

今年は、10年後の未来を描く中野区基本構想の改定と、基本構想に基づく区政運営の柱となる基本計画の策定に、本格的に着手します。区政運営の四つの柱である「中野区を子育て先進区へ」「安心して地域で暮らし続けられるまち、中野」「区民とともに進めるまちづくり」「区民と向き合う区役所への転換」の実現についても、基本構想・基本計画を策定していく過程で、その考え方や具体的な施策について明確にしていきます。

現在、基本構想審議会の区民委員を募集しています。また、区民ワークショップやタウンミーティング、ホームページ等を通じて、区政の主役である区民のみなさんの声を丁寧に伺いながら、中野らしい基本構想・基本計画を策定していきます。積極的にご意見をいただければと思います。

超高齢社会の進行や生産年齢人口の減少など、社会環境が激しく変化していく中で、基本構想改定や基本計画策定と同時平行で、具体的な検討を進めなければならない課題が多くあります。すこやか福祉センター、地域の子育て支援拠点、幼稚園・保育園の適正配置など、区民生活に大きな影響を与える施策を始めとして、中長期的な人口推計や財政見通しを踏まえて、今後、区が果たすべき役割について再整理しているところです。また、地域と向き合う姿勢を育てていくために、職員の仕事の進め方についても見直していきます。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。みなさんのご健勝とご多幸を、心よりお祈り申し上げます。

区長 酒井 直人