無許可でウルトラマン映画上映

中国企業、係争中に続編公開

©一般社団法人共同通信社

中国企業が公開したウルトラマンの映画の宣伝のため、映画館に置かれた人形=23日、上海(共同)

 【上海共同】「ウルトラマン」が登場する映画を無許可で作り上映したとして、円谷プロダクション(東京)が著作権侵害で訴えていた中国広東省の企業が、係争中にもかかわらず、新たに続編の映画を中国で公開したことが23日までに分かった。円谷プロは「当社の合法的権利を守るため、あらゆる法的措置を講じる」としている。

 中国企業は「広州藍弧文化伝播」で、続編の映画は18日から上海や広州など中国各地の映画館で上映が始まった。同社はインターネット上で発表した声明で、日本国外でウルトラマンの利用権を持つ会社から許可を受けたと主張している。