【1/23全豪まとめ】錦織 無念の途中棄権。大坂なおみは初の全豪ベスト4進出

©株式会社WOWOW

「全豪オープン」での錦織

1月23日、「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~男子27日/女子26日/ハードコート)大会10日目。男子シングルス準々決勝、男子ダブルス準々決勝、女子シングルス準々決勝、女子ダブルス準決勝、混合ダブルス準々決勝、車いす男子シングルス準々決勝、車いす女子シングルス準々決勝が行われた。

男子シングルス準々決勝。第8シードの錦織圭(日本/日清食品)が、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に挑んだが、無念の途中棄権となった。錦織は今大会4回戦までに計3試合フルセットを戦い、4回戦では今大会最長の5時間5分という激戦を勝ち上がった。

錦織は前日の練習をキャンセルしてリカバリーに努めていたが、まだ疲労は抜けきっていないようだった。準々決勝ジョコビッチを相手に第1セットからショットのミスが続き、セット間にはトレーナーを呼んで右太もも辺りの治療を受けた。しかし、第2セット1-4となったところで棄権を申し出た。

一方、女子シングルス準々決勝では、第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第6シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)に6-4、6-1で勝利した。

この勝利で大坂は、1月28日発表予定の最新世界ランキングで3位以上が確定。日本人男女通じて歴代シングルス最高位を更新することに。試合後のインタビューでは、今大会を通じてのコンディションを聞かれ「今はすごく良いプレーとコンディションです」と語った。準決勝でも力強いプレーを見せ、勝利を挙げることが期待される。

大坂の次の相手を決める試合は、第7シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)が第16シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に6-4、4-6、7-5で勝利。

第3セットに一度はゲームカウント1-5と追い込まれたプリスコバ。しかし、セレナがマッチポイントの場面で足をひねってしまうと、これを皮切りにプリスコバが怒涛の6ゲーム連取で逆転勝利を収めた。

車いす男子シングルスは、第1シードの国枝慎吾(日本/ユニクロ)が初戦でアルフィー・ヒュウェット(イギリス)に6-1、6-4で勝利。車いす女子シングルスでは、第2シードの上地結衣(日本/エイベックス)がジュリア・カポッチ(イタリア)に7-6(3)、6-3で勝利し、揃って準決勝進出を決めた。

◇ ◇ ◇

【1月23日 主な試合結果】

◆男子シングルス

準々決勝

〇[1]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)6-1、4-1(Ret) ●[8]錦織圭(日本/日清食品)

〇[28]ルカ・プイユ(フランス)7-6(4)、6-3、6(2)-7、6-4 ●[16]ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)

◆男子ダブルス

準々決勝

〇[5]ピエール ユーグ・エルベール(フランス)/ニコラ・マウ(フランス)6-4、7-6(3) ●[4]ボブ・ブライアン(アメリカ)/マイク・ブライアン(アメリカ)

◆女子シングルス

準々決勝

〇[4]大坂なおみ(日本/日清食品)6-4、6-1 ●[6]エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)

〇[7]カロリーナ・プリスコバ(チェコ)6-4、4-6、7-5 ●[16]セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)

◆女子ダブルス

準決勝

〇[2]クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)/ティメア・バボス(ハンガリー)6-4、6-2 ●ジェニファー・ブレイディ(アメリカ)/アリソン・リスク(アメリカ)

◆車いす男子シングルス

準々決勝

〇[1]国枝慎吾(日本/ユニクロ)6-1、6-4 ●アルフィー・ヒュウェット(イギリス)

◆車いす女子シングルス

準々決勝

〇[2]上地結衣(日本/エイベックス)7-6(3)、6-3 ●ジュリア・カポッチ(イタリア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」での錦織
(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら