ヴァンフォーレ甲府、2019新ユニフォームを発表!今年も「武田菱」をデザイン

©株式会社コリー

2018年の明治安田生命J2リーグを9位で終えたヴァンフォーレ甲府。

6シーズンぶりのJ2リーグは、序盤から勝ち切れない試合が多く苦しむ。途中、監督交代などもありチーム状態は向上するも、J1復帰には程遠い成績でシーズンを終了。とくにホームでは6勝6分9敗と低調な出来に終始した。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

そんな甲府が17日、2019シーズンに向けた新ユニフォームを発表。甲府ではお馴染みの菱形を用いたユニフォームで、今季こそJ1復帰を目指す。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Ventforet Kofu 2019 Mizuno Home

デザインは各キット共通で、今シーズンも甲斐の虎として名高い武将である武田信玄公の家紋であり、クラブエンブレムにも象徴される「武田菱」を採用。「Vital Fighting Knights(生き生きと戦う気品ある勇士たち)」の名の通り、気品ある勇士像をイメージしている。

シャツの素材には「ドライサイエンスストレッチⅡ」を採用。湿度と温度が高い日本の気候を考慮し、吸汗速乾性に優れた素材を使用している。

シャツ、パンツ、ソックスは同系色でコーディネート。背番号はゴールドで彩る。

Ventforet Kofu 2019 Mizuno Away

アウェイは昨季と同じくホワイトを基調。各部スポンサーは胸が「はくばく」、右鎖骨が「Jit/ジット」、左鎖骨が「NNS(日本ネットワークサービス)」、左袖は「クスリのサンロード」、背中上が「山梨中央銀行」、背中下は「コイケ」、パンツは「マルアイ」となる。

背番号は昨季と同じくブルーを採用。コンプリートルックはホワイトの全身同色コーデに。

Ventforet Kofu 2019 Mizuno GK

GKキットは昨季と同様に、ホーム(1st)のグリーン、アウェイ(2nd)のレッド、サードのブラックと3色を投入する。