フロンターレ、川崎市に1億円寄付 収入増、市民に還元

©株式会社神奈川新聞社

 サッカーのJ1リーグで昨季、連覇を果たした川崎フロンターレは23日、ホームタウンの川崎市に1億円を寄付したと発表した。市内のスポーツ振興に役立ててほしいとしている。

 川崎フロンターレは2018年シーズン、ホームの等々力陸上競技場(中原区)でのリーグ戦17試合のうち、13試合でチケットが完売した。時にはチケットの争奪戦が起きるほど人気が沸騰し、1試合平均の観客は2万3千人を超えた。

 入場料収入が伸びたほか、グッズの売り上げやユニホームスポンサーなどの広告料収入も軒並み増加。クラブは売り上げの一部を市民に還元することを決めた。

 クラブから市への寄付は、09年のヤマザキナビスコ・カップ(現ルヴァン・カップ)準優勝の賞金を寄贈して以来3回目。1億円は過去最高額という。

クラブを愛するサポーターとともに成長を続け、リーグ連覇を果たした川崎フロンターレ=昨年12月1日、川崎市中原区の等々力陸上競技場