【インドネシア】ゴジェック、職業校50校と電子決済で提携[IT]

©株式会社エヌ・エヌ・エー

ゴジェックは、職業学校との提携を記念する署名式典を開催した=23日、ジャカルタ(NNA撮影)

インドネシアの配車アプリ大手ゴジェックは23日、北ジャカルタ市の職業高校(SMK)50校と、電子決済サービス「ゴーペイ」などのサービスで協力することで合意した。学校内の食堂や購買部の決済にゴーペイを利用できるようにする。今後は高等学校(SMA)との提携も計画しており、若年層の取り込みで競合のグラブに差を付ける。

1~2カ月内に各校でQRコード決済導入のための準備を進め、校内の食堂や購買部でゴーペイを利用できるようにする。署名式に出席した北ジャカルタ市のシャムスディン市長は「校内の駐車場の駐車料金支払いやモスクでの喜捨、学費の支払いもゴーペイを利用できるようにする」と話した。

ゴジェックは、自動車整備士や電気技師など専門家として独立を希望する生徒の支援を、出張サービス「ゴーライフ」を活用して行うことを計画している。ゴーライフは現在、マッサージ師や清掃業者、スタイリストなども派遣している。具体的な支援内容は今後協議するという。

ゴジェックは自動車やバイクの配車サービスを主軸に、ゴーペイやゴーライフ、飲食物の宅配サービス「ゴーフード」でサービスの幅を広げている。