右サイドバックにとって悪夢!? 名手G・ネビルも避けたい快速ウイングとは

©株式会社FACTORIES

マンCのサネ photo/Getty Images

現在解説を務めるガリー・ネビル氏は、マンチェスター・ユナイテッドの右サイドバックとして長くプレイしてきた名手だ。そんなネビル氏はこれまで数多くのウイングと対戦してきた経験からか、自身が右サイドバックとしてプレイするなら誰と対戦するのが厄介かという視点からサッカーを見ているという。

では、現在プレミアリーグで厄介と感じるアタッカーは誰なのか。英『sky SPORTS』によると、ネビル氏が名指ししたのはマンチェスター・シティFWレロイ・サネだ。サネは主に左サイドでプレイするため、右サイドバックのネビル氏とは直接対決となる。

「右サイドバックとして、常に考えるんだ。誰と戦いたくないか?とね。サネだ。彼は刺激的だ」

サネは先日のハダースフィールドタウン戦でも1得点1アシストを記録しており、プレミアリーグ通算では23得点30アシストの数字を残している。あのスピードは右サイドバックにとって悪夢だろう。

英『Squawka』によると、サポーターからもサネを「将来のバロンドール」、「現プレミア最高のヤングスター」と絶賛する意見が出ている。今のサネを完璧に抑え込めるサイドバックは少ないか。