京都市バス・地下鉄の運行情報、ツイッターで発信

©株式会社京都新聞社

京都市交通局が開設した市バスのツイッターアカウント

 京都市交通局は23日、市バスや市営地下鉄が、台風や地震などの災害や人身事故で運休したり、ダイヤが乱れたりした場合、ツイッターで運行状況を伝えるサービスを始めた。昨年、災害が多発したことを受けて導入を決めた。

 市バスのアカウントは「@citybus_kyoto」。災害による運休や迂回の情報を伝える。

 市営地下鉄は「@kyoto_subway」。事故や災害などによる運休や大幅な遅れのほか、近鉄京都線や京阪京津線との直通運転を中止するケースも対象とする。

 これまでは駅やバス停などの現場や市交通局のホームページで案内していた。乗客がツイッターをフォローすることで情報が広がる効果にも期待している。