ネット対策強化へサイト新設

政府、中小企業支援が狙い

©一般社団法人共同通信社

 政府は24日、サイバーセキュリティ戦略本部(本部長・菅義偉官房長官)の会合を首相官邸で開いた。インターネットの安全対策など関連情報を提供するポータルサイトの新設を柱とした強化プログラムを決定した。専門の担当者を確保できず、サイバー攻撃への対応が遅れている中小企業などを支援するのが狙いだ。

 ポータルサイトは、政府のサイバー攻撃対策の司令塔を担う「内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)」が春にも開設する。利用者が企業規模などを入力すると(1)安全教室などのイベント情報(2)対策強化のマニュアル―などの情報が検索できる仕組みを想定している。