盛岡、久々の雪景色 沿岸では暴風雪に警戒

©株式会社岩手日報社

久々の積雪でぬかるむ足元に気を付け、傘を差して家路を急ぐ市民ら=23日午後5時22分、盛岡市中央通

 23日の県内は低気圧や前線の影響で雪が降った。盛岡地方気象台によると24日の県内は冬型の気圧配置が強まり、内陸は昼前までふぶく所がある見込み。沿岸は暴風雪に警戒が必要だ。

 盛岡市内では23日夕から大粒の雪が降り、久々の雪景色に。同市西青山の市職員栃沢太郎さん(24)は「今年は雪が少なく、いつかその分雪が降ると思っていた」と、足元に気を付けて家路に就いた。

 同日午後7時までの24時間降雪量の最大値は雫石16センチ、一戸・奥中山15センチ、西和賀・湯田11センチ、葛巻8センチ、盛岡6センチ、一関3センチなど。