ミトロヴィッチと喧嘩したフラムFWカマラ、今度はスタッフ暴行で逮捕

©株式会社コリー

『Daily Mail』は23日、「フラムのFWアブバカル・カマラは、クラブのスタッフらを暴行した容疑で逮捕された」と報じた。

記事によれば、彼が逮捕されたのは21日の夕方。警察がフラムの練習場に呼ばれ、激しい口論をしていたアブバカル・カマラを逮捕したとのこと。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

調査の結果身体的な暴行もあったと伝えられており、それにはフラムのクラブスタッフも被害を受けているという。

アブバカル・カマラは現在フラムのファーストチームの練習から追放されており、トルコへの移籍が噂されている。そのため月曜日は彼の将来について話し合うために呼ばれていたそう。

しかしその練習場では激しい衝突が行われたとのことで、警察は20代の男性1名を逮捕したとのこと。

今季マンチェスター・ユナイテッドとの試合でアブバカル・カマラは、本来アレクサンダル・ミトロヴィッチが蹴るはずのPKを奪い、さらにそれを失敗してしまった。

それによってラニエリ監督からは「殺したいと思った」とまで苦言を呈されていたが、一度はミトロヴィッチとも和解していた。

しかし1月15日にはヨガのトレーニングの際にミトロヴィッチと激しい喧嘩をし、再び大きな問題を起こしている。

アブバカル・カマラは現在全てのクラブの活動への参加が禁止されており、練習場にも出禁になっているとのことだ。