これはハッキリ言って使い勝手良いです!

©株式会社エキスプレス

※わたらせ渓谷鐵道沢入駅

JR東日本と群馬県内の鉄道事業者が共同した「ぐんまワンデー世界遺産パス」が2019年も発売されます。しかも、今年は「群馬プレデスティネーションキャンペーン」に合わせて利用期間が春・夏になります。

ぐんまワンデー世界遺産パス 概要

群馬県内のJR線(一部埼玉県・栃木県内の駅を含む)、上信電鉄線全線、上毛電気鉄道線全線、 群馬県内の東武鉄道線(一部栃木県内の駅を含む)、群馬県内のわたらせ渓谷鐵道線の普通列車 (快速含む)の普通車自由席が乗り降り自由で利用できます。また、ジェイアールバス関東の 志賀草津高原線(長野原草津口駅〜草津温泉バスターミナル間)が利用できます。別途特急券などを購入すれば新幹線にも乗れます。

※わたらせ渓谷鐵道のトロッコ列車は利用できません

《発売金額》
おとな:2,200円 こども:1,100円

《発売・利用・有効期間》
発売期間:2019年3月22日(金)〜9月30日(月)
利用期間:2019年4月1日(月)〜9月30日(月)
有効期間:1日

《発売箇所》
フリーエリア内のJR東日本の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口、びゅうプラザおよび主な旅行会社で購入できます。

2,200円で始発から群馬県内の鉄道に乗り放題。メッチャ使い勝手が良いです。JRは吾妻線が終点まで、信越本線は横川まで行って碓氷峠鉄道文化村を訪ねるチャンス!土合駅を探訪するのも良いですよ。

もちろん、上毛電鉄、上信電鉄は全線、わたらせ渓谷鐵道も沢入まで、東武鉄道も広範囲で使えます。

東京駅からなら1320円で深谷駅に行けば、その先はぐんまワンデー世界遺産パスでOK。浅草から東武線で川俣駅までなら890円!

春の鉄道旅に最適です!

※上信電鉄下仁田駅