ヤマハとglafitが業務提携を発表。電動モビリティを共同開発

©株式会社八重洲出版

ヤマハ発動機と乗り物関連のベンチャー企業「glafit( 和歌山県和歌山市)」は、パーソナルモビリティの効率的かつ効果的な製品開発に向けた業務提携を締結した。これに伴い、ヤマハ発動機はglafitに対して出資を行う。

両社はglafitの「GFR」シリーズをベースとした派生モデルを開発し、2020年春頃の販売を計画している。その後も電動モビリティにおける両社の強みを最大限に活かして、よりユーザー視点に立った、安心で便利で楽しいモビリティを提供していく。

glafitは2017年、自転車でも原付スクーターでもない新しい電動ハイブリッドバイク「GFR-01」を発売し、新規二輪ユーザーの獲得をしてきた。今回の資金調達により、製品開発と人員強化を行うことで、経営基盤を強化し、和歌山発モビリティーベンチャーとして株式上場を目指す。

ヤマハ発動機 公式サイト

glafit 公式サイト