スバル社員が過労自殺

©一般社団法人共同通信社

 SUBARU(スバル)群馬製作所の46歳の男性社員が2016年に自殺し、上司の叱責や長時間労働でうつ病を発症したのが原因として、労災認定されていたことが24日、分かった。遺族の弁護士が明らかにした。