【速報】大坂なおみが第1セットを先取。世界8位プリスコバとの準決勝[全豪オープン]

©株式会社WOWOW

「全豪オープン」準決勝での大坂なおみ

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~26日/ハードコート)の大会11日目、女子シングルス準決勝で第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第7シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦。第1セットは6-2で大坂が先取した。

両者は過去に3戦しており、大坂の1勝2敗。直近の対戦は2018年の「東レ パン・パシフィック・オープン」決勝で、そのときは4-6、4-6で大坂が敗れている。試合前の会見で大坂は「クールな彼女を怒らすことができればとても面白い試合になると思います」と語っていた。メンタル、フィジカルともに充実した状態でなければ勝てないこの大舞台で、ここまで勝ち抜いてきた大坂。決勝進出に期待がかかる。

第1セットはプリスコバのサービスゲームから始まった。第1ゲーム、大坂はブレークポイントを握ったが、プリスコバにしのがれる。第2ゲームをキープした大坂は第3ゲームでも15-40と2本のブレークポイントを握る。一旦はしのがれてデュースに持ち込まれたが、ラリーを制してブレークに成功し、先行した。

直後の第4ゲームをキープしてリードを保った大坂。そこからお互いにサービスゲームをキープし、迎えた第7ゲームで再び大坂がブレークポイントを握ると、プリスコバがダブルフォルトをし、2ブレークアップとした。

そして大坂のサービング・フォー・ザ・セットとなった第8ゲーム、ここも盤石のプレーでキープした大坂がプリスコバにブレークポイントを1度も握られることなく、第1セットを6-2で先取した。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」準決勝での大坂なおみ
(Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら