新型マツダ3、世界に先駆けメキシコで発売開始

©株式会社中国新聞社

 マツダは21日までに、新世代商品の第1弾となる新型マツダ3を、世界に先駆けてメキシコで発売した。欧州では3月にも発売し、6月をめどに新たな燃焼方式の低燃費ガソリンエンジン「スカイアクティブ―X」の搭載車を投入する見通し。

 マツダはこれまで、新型マツダ3の販売を今年初頭に北米から始めるとしていた。米国、カナダ、メキシコのうち詳しい地域や時期は明らかにしていなかった。昨年9月から防府工場(防府市)で量産し、今月中旬にメキシコ工場でも始めた。

 メキシコで発売したのは従来式のガソリンエンジンを載せたセダンタイプ。近く米国とカナダでも発売するとみられる。

 欧州では一部の国の現地販売会社がインターネットサイトで、新型マツダ3を3月に発売すると公表している。スカイアクティブ―Xはガソリンを混ぜた空気を圧縮して燃やし、低燃費と高い走行性能を両立させる新型エンジンで、サイトでは搭載車を6月に「入手可能」などと説明している。

 マツダは日本での発売時期を明らかにしていない。

メキシコで生産、販売を始めた新型マツダ3