19歳少年に無期判決 茂原の高齢女性強盗殺人 千葉地裁

©株式会社千葉日報社

 千葉県茂原市東茂原の住宅で昨年2月、住人の椎野芳子さん=当時(85)=が少年3人に現金を奪われ殺害された事件の裁判員裁判で、強盗殺人罪などに問われた3人のうち当時18歳の土木作業員だった少年(19)に千葉地裁は24日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 判決理由で川田宏一裁判長は、殺害の実行について「強固な殺意に基づく残忍な犯行で、主体的に重要な役割を果たしている」と指摘。弁護側が争っていた現金の強取を認定し、当時18歳4カ月の少年だったことなどを考慮しても「有期刑を選択するような事案とは認められない」と述べた。

 弁護側は「18歳で未熟だった」と更生の可能性を訴え、懲役10年以上15年以下の不定期刑を求めていた。

 判決などによると、昨年2月26日午前1時15分ごろ、いずれも無職で当時18歳と17歳だった少年と共謀。勝手口などから侵入して寝室で椎野さんを床に押し倒し、殴ったり首を絞めるなどして「金はどこにある。言わないと殺すよ」と脅迫。現金1万円を奪った上、被害者が金の在りかを言わなかったことに憤慨した被告少年が、ナイフ(刃渡り約10・5センチ)で首を3回突き刺して殺害した。

 残りの少年2人の裁判員裁判は今後開かれる。