北方領土、解決策は「2島返還」

鈴木宗男元衆院議員が講演

©一般社団法人共同通信社

講演する鈴木宗男元衆院議員=24日午後、東京都中央区

 鈴木宗男元衆院議員は24日、東京都内で開かれた共同通信加盟社論説研究会で講演し、北方四島を巡るロシアとの領土交渉に関して歯舞群島と色丹島の返還を基本とする「2島プラスアルファしか解決策はない」と訴えた。国後、択捉両島についてはロシア主権を認めた上で日本に対する何らかの優遇措置を設けるべきだとの認識を示した。

 ロシアのプーチン大統領が歯舞、色丹の引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言の有効性を一貫して認めていると指摘。共同宣言に盛り込まれていない国後、択捉の返還については「ロシアに求めた段階で交渉は壊れてしまう。(返還は)ゼロで終わる」と述べた。