Jリーグ、「VAR」の2019シーズン一部試合への導入を決定!

©株式会社コリー

Jリーグは24日、「2019年のシーズンでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を一部導入することを決めた」と発表した。

昨年行われたワールドカップで使われ、多くの話題を集めたVAR。主審の判断をサポートするビデオ副審を置くシステムだ。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

導入される試合については以下の通りとなっている。

・ルヴァンカップ プライムステージ全13試合

・J1参入プレーオフ1試合(※決定戦。1回戦、2回戦は追加副審を導入)

なお、2月16日のNEXT GENERATION MATCHでもVARが導入されるとのことだ。