スキー女子の小野塚が引退へ

ソチ五輪で銅、今後はプロ専念

©一般社団法人共同通信社

小野塚彩那

 フリースタイルスキーの女子ハーフパイプ(HP)で、2014年ソチ冬季五輪銅メダルを獲得した小野塚彩那(30)=石打丸山ク=が24日、競技の第一線から退くことを自身のブログで明らかにした。米コロラド州で24日(日本時間25日)に出場する最高峰のプロ大会「冬季Xゲーム」が最後となる。

 5位に終わった平昌五輪後、進退を保留していた。今後は山岳スキーや映像撮影などのプロ活動に専念する。

 ブログでは五輪2大会連続出場、17年世界選手権優勝などに触れ「皆様の大きな支えが力となり、決して1人では成し得なかったと実感しております」と感謝の言葉をつづった。