乾燥対策の鍵はこまめなケアにあり!外からも内からも守る保湿ケア5選

©株式会社シーエーメディアエージェンシー

全国的に乾燥中!乾燥から身体を守りたい

毎日気象庁から乾燥注意報が出ているほど、今日本はどこに行っても乾燥しています。

乾燥しているとお肌も水分を奪われますし、ウイルスの飛散量が増加し、風邪を引きやすくなります。

ただ、加湿器などで乾燥対策はしていると思いますが、手の乾燥やお肌の乾燥は意外と実感しにくいもの。

外も乾燥して入れば、部屋の中もエアコンでとっても乾燥しています。

長時間乾燥した空間にいると、気づけば喉もカラカラ、手はガサガサということになりかねません。

乾燥対策は「まめさ」と「スピード感」が命。

すぐにできる乾燥対策をご紹介します。

 

手の乾燥対策:ハンドクリームはいつでも手の届く範囲に

冬は手洗いを徹底する分、さらに乾燥しやすくなります。

また、お料理やお洗濯など、家事をしていても水を使う場面が多く、手が荒れやすいですよね。

ぜひ、手を洗ったらすぐにハンドクリームを塗るということを徹底して乾燥を防いでください。

ハンドクリームを塗るのを忘れてしまったり、面倒だなと感じる方は、ハンドクリームをいつでも手の届く範囲にセッティングしておくことが大切です。

キッチン、パウダールームなどシンク周りには必ずセッティング。

持ち歩く際もポーチに入れておくと出すのが億劫になってしまうので、私はコートのポケットに常に入れています。

お手洗いに行った後や、ふと気付いた時にすぐ塗れることが大切です。

 

唇の乾燥対策:メイクしていなくてもリップはON

「今日は1日メイクせずにおこう〜」という日でも、必ずリップクリームは塗っておきましょう。

唇も潤っていないとガサガサになり、縦に割れてしまったり、皮向けしてしまいます。

リップクリームもハンドクリーム同様、なるべく手の届く範囲にセッティングしておくと良いです。

何か食べたり飲んだ後も、すぐに保湿できるように準備しておくと便利です。

 

目の乾燥対策:乾燥を感じたら目を温めるのが効果的

エアコンの効いた室内にいると目も乾きやすくなります。

ずっとパソコンを使っていると、余計に目の疲れもひどくなりやすいですよね。

目が乾燥しないようにするには、まばたきも有効なのはご存知ですか?

まばたきをしないでずっと目を見開いていると、目がしぱしぱして乾燥してくるのがわかると思います。

まばたきには目の乾燥を防ぐ役割があるので、仕事に集中していてもまばたきは意識的にするようにしましょう。

また、ホットアイマスクや蒸しタオルなどで目の周りを温めてあげるのも効果が期待できます。

まつ毛の内側には「マイボーム腺」という皮脂腺があり、涙の層のうち油層を作り出すという重要な役割を担っています。

こちらが詰まってしまうと、涙に油分がなくなり、潤いを保つのが難しくなります。

そこを温めて詰まりを和らげてあげることで、マイボーム腺の皮脂が溶け出して目の表面を覆ってくれて、目の潤いを保つことが期待できます。

 

 

お肌の乾燥対策:メイクの上からはスティックバームタイプがおすすめ

メイクしているお肌の上からの保湿対策はミストタイプの化粧水が人気です。

お手洗いなどで手軽にシュッとできるのは、忙しい女性にとっては何よりですよね。

ただ、ミストタイプの化粧水はすぐに蒸発して肌の水分を奪ってしまうことも。

せっかくの乾燥対策の保湿ケアなのに、これだと逆効果です。

おすすめはスティックバームタイプ。

乾燥を感じる部分に塗り、とんとんと指でなじませます。

私は、ミストタイプよりも保湿効果を感じることができて、スティックバームタイプを愛用しています。

おすすめは、IPSAのザ・タイムRデイエッセンススティック。

ポーチに忍ばせておけば安心のお守りコスメです。

 

内側からの乾燥対策:お水はこまめに少しずつ摂取

喉が渇いたと感じる頃には、体はかなり水分を失っています。

どの空間にいてもこれだけ乾燥している場合、水分も意識的に摂取しないと、気付いたら体は水分不足に陥っています。

お仕事中であっても、自宅にいても、お水もすぐ飲める位置に置いておきましょう。

なるべく身体を冷やさないためにも、常温のお水か白湯がおすすめです。

お手洗いに行った後、朝起きた時などは意識的に水を飲むようにしたいですが、できれば1時間にコップ1杯のお水を常に摂取しておくのがおすすめ。

ぜひ内側からも潤いを補給しましょう。

 

保湿はこまめに意識的に

乾燥しているな、と自覚した時にはすでに身体表面も内側も乾燥は進んでいます。

乾燥対策の保湿は、こまめに意識的に行うのがおすすめです。

加湿器だけじゃ追いつかない乾燥に負けないケアをして、体に潤いをキープしたいですね。