<太平洋フェリー>仙台-苫小牧航路に新造船 大部屋廃止、個室増やし快適性向上

©株式会社河北新報社

 太平洋フェリー(名古屋市)は24日、仙台-苫小牧航路に就航させる新造船「きたかみ」(13694トン)を、仙台市宮城野区の仙台港フェリー埠頭(ふとう)で関係者に披露した。同社の船では初めて大部屋を廃止して個室空間を増やし、乗客の快適性を高めた。

 1989年に就航した同名の「きたかみ」(13937トン)の後継船。大部屋の代わりに個室を大幅に増やし、寝台も全てカプセル型としたため、旅客定員は701人から535人に減った。ペットと一緒に泊まれる部屋も初めて導入した。

 車の積載は乗用車146台、トラック166台。ドライバー不足などからフェリーを利用するトラックが増えており、ドライバー専用の客室も全て寝台から個室に切り替えた。

 同社の新造船は2011年以来8年ぶり。25日に就航する。志甫裕社長は「仙台-苫小牧航路はリピーターが多い生活路線。船旅に慣れた乗客の使いやすさを重視した。北海道と東北の人的、物的交流の活性化に貢献したい」と話した。