【カラバオカップ】注目のロンドン・ダービーはチェルシーに軍配!PK戦の末トッテナムを下しシティが待つ決勝戦へ

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

カラバオカップ準決勝2ndレグが24日に行われ、チェルシーが本拠地スタンフォード・ブリッジにトッテナム・ホットスパーを迎えた。

【カラバオカップ】ケインのPK弾でトッテナムが先勝!優位な状況で第2戦へ

1stレグで0-1と敗戦しているため引き分けでも敗退が決定するチェルシーは、エデン・アザールやエヌゴロ・カンテといった主力選手を先発起用し、開始早々からトッテナムのゴールに襲い掛かる。積極的な攻めが報われたのは27分、CKからのクリアボールに反応したカンテが、ペナルティアーク内から右足を一閃。DF2人とGKの股を抜けネットを揺らし、チェルシーが合計スコアで同点に追い付く。さらに畳みかけるチェルシーは38分、ペナルティエリア右からセサル・アスピリクエタがグラウンダーのクロスを上げると、アザールが左足で押し込み、ついにチェルシーが逆転に成功する。

【カラバオカップ】明暗分かれたVAR判定…双方の意見は真っ二つに

このまま守り切れば勝利となるチェルシーだったが、トッテナムとの”ロンドン・ダービー”は一筋縄ではいかなかった。50分にダニー・ローズが左サイドからクロスを供給すると、フェルナンド・ジョレンテのヘディングシュートが炸裂。2戦合計2-2とスコアをタイに戻され、90分では勝負がつかず決着はPK戦に委ねられた。

【カラバオカップ】大幅ターンオーバーのシティがアグエロ弾で勝利!2戦合計10ゴールで決勝進出!

運命のPK戦は2人目のキッカーまで両者共に成功するが、トッテナム3人目のエリック・ダイア―が枠を捉えきれず失敗。さらに4人目のルーカスのシュートにケパ・アリサバラガがファインセーブを見せたのに対し、チェルシーは4人目のダビド・ルイスまで全員が決めて勝負あり。トッテナムを破ったチェルシーが、マンチェスター・シティの待つ決勝に駒を進めた。

チェルシーはキッカー全員が成功しPK戦を制した