大阪・吹田市、喫煙職員をゼロに

プロジェクト開会式

©一般社団法人共同通信社

大阪府吹田市で「すいたプロジェクト」の開始を宣言する後藤圭二市長と、市のイメージキャラクター「すいたん」=25日午後

 大阪府吹田市は25日、たばこの害に対する職員の理解を深めてもらう「すいた(すわない いらない たばこの煙)プロジェクト」の開会式を行った。喫煙率ゼロが目標。職員が率先して取り組むことで、市民にも啓発する狙い。

 開会式には、後藤圭二市長が市のイメージキャラクター「すいたん」と登場し、プロジェクトの開始を宣言。職員に「健康を目指していきましょう」と呼び掛けた。全職員約3900人に禁煙に向けた取り組みなどを記した宣誓書を提出してもらう。

 職員の約12%が喫煙者で、たばこをやめたい職員には「禁煙チャレンジバッジ」を配布するほか、禁煙外来も紹介する。