ロッテ井上「昨季の数字超える」

目標は3割30本100打点

©一般社団法人共同通信社

打撃練習するロッテ・井上=ZOZOマリン

 ロッテの井上晴哉内野手が25日、ZOZOマリンスタジアムで練習を公開し、6年目の今季に向けて打率3割、30本塁打、100打点を目標に掲げた。昨季、打率2割9分2厘、24本塁打、99打点とブレーク。「昨季の数字は超えないといけない」と意気込んだ。

 年始からプロ入り前に所属した社会人の日本生命で練習を積んできた。現在の体重は120キロという巨漢。下半身のウエートトレーニングを増やしたそうで、盗塁を昨季の1個から3個へアップすることも公約の一つとした。

 新外国人のバルガスや、2016年に本塁打王を獲得したレアードが加入し、競争に勝ち抜く必要がある。