明石商がセンバツへ 報徳、大阪桐蔭は落選

©株式会社神戸新聞社

甲子園球場=西宮市甲子園町

 第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会は25日、大阪市内で開かれ、近畿地区から兵庫の明石商が選ばれた。3年ぶり2度目の選出で、昨夏に続く甲子園出場となる。

 明石商は昨秋の近畿大会で準優勝。兵庫対決となった報徳との準々決勝で完封勝ちし、準決勝の智弁和歌山戦を五回コールドゲームで制して初の決勝進出を果たした。龍谷大平安(京都)との決勝は延長十二回の接戦を演じた。選考委では中森俊介、宮口大輝両投手の安定感と切れ目のない打線が評価された。

 近畿地区では明石商のほか、龍谷大平安、履正社(大阪)、智弁和歌山、福知山成美(京都)、市和歌山が選ばれた。兵庫勢は、近畿大会8強の報徳が補欠2位校となり、同大会で1回戦敗退の神戸国際大付は落選。史上初の選抜大会3連覇が懸かっていた大阪桐蔭は選出されず、補欠1位校だった。

 組み合わせ抽選会は3月15日に行われる。(宮崎真彦)