瑛太が時代劇「闇の歯車」で主役を好演!「今後、時代劇ができる俳優になりたい」

©株式会社東京ニュース通信社

時代劇専門チャンネルで2月9日放送の時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品「闇の歯車」(午後8:00)。放送に先駆けて全国5大都市を中心に期間限定上映が行われ、初日舞台あいさつに主演の瑛太、共演の緒方直人、山下智彦監督が登壇した。

本作は、作家・藤沢周平が犯罪という人間のダークサイドに斬り込んだ同名サスペンス時代小説を映像化したもので、謎めいた男が誘う現金強奪の犯罪に一獲千金の夢を見た男たちの運命を描く。瑛太演じる佐之助を押し込みに誘う謎の男・伊兵衛役を務めた橋爪功は、この日、体調不良のため残念ながら欠席となり、瑛太は「橋爪さんどうしたんですか? 体調不良というのは本当なんですか?」と、しきりに橋爪のことを気にしていた。

橋爪からは手紙が寄せられ、「私は伊兵衛という悪い男を演じています。ご覧いただいた皆さまには、私の顔が後半に行くにしたがって、どんどん悪い顔になっていくのが、お分かりいただけたかと思います。物語のラスト、瑛太と私、どちらが生き残るのか、またはどちらも生きていけないのかは、ご覧いただいた方に委ねますが、私は生き残るつもり満々でございます」と力強くコメント。

続けて「瑛太さん、今日は行けなくて申し訳ない。今回が初めての共演でしたが、また一緒にやりたい。それも時代劇でまた一緒にやれたらと、この『闇の歯車』を撮り終えて思っています。緒方さん、山下監督、緊張しているかもしれない瑛太を盛り立ててやってください。最後に瑛太と『闇の歯車』をよろしくお願いいたします」と瑛太に愛情あふれるエールを送った。

橋爪、中村嘉葎雄をはじめとするベテランが出演している本作。撮影中のエピソードについて瑛太が「毎日、今日は橋爪さんと話そう。今日は緒方さんと話してみようとか、質問攻めをしてました」と話すと、緒方は「いろいろここでは話せないようなことも多々ありましたけど(笑)」と笑いを誘った。続けて緒方は「彼はいつも自然体なんで、いいですね。これだけ着流しと、ずらが似合うし、肝が据わってて、天賦の才というか。ほんとに色気があるんですよね。若かりし頃の高倉健さんのようでしたよね」と絶賛した。

さらに緒方は、「“よーいスタート”の掛け声もそうですが、独特な熱のこもったあの現場で、できることならパート2もやりたいなと思いました。あ、ダメだ。俺死んでんだ(笑)。でも、別の作品でもいいので同じスタッフ、キャストでやらせてもらえたらって思いますね」と次作への期待を明かした。

印象的なラストシーンについて、瑛太は「最後どうするかってことはいろいろ話し合って、『何パターンか撮るのはどうですかね?』って監督に提案して。そしたら『いろいろやってみましょうか』って言ってくださったんですけど、実際本番では1回目でOKが出て。で、監督が『もう大丈夫です』って言って」と振り返ると、山下監督が「Bパターン撮るのを忘れてました(笑)。あまりにも良い出来だったんで!」と告白。意外な事実に、クールな印象のある瑛太が「忘れてたんですか!?」と笑みを浮かべていた。

最後に瑛太は「この撮影が入る前に1年3カ月、(NHK大河ドラマ)『西郷どん』(2018年)の撮影をしていて、正直また時代劇かと。連続して自分のモチベーションを持っていけるのか、自問自答があったんです。でも最初に監督とお会いした時に、この作品に対する愛情の深さを感じまして、これは全身全霊かけてやりたいなと心に決めました」と出演を決めた経緯を明かした。

そして、「この作品に携わるなかで、いろいろ考えたんですけれど、昨今、いろんな日本映画がある中でも、本作のようにサスペンスで、どこかアングラといいますか、アウトローな世界を描く時代劇が少なくなってきているような気がしていて。僕は今後、映画の俳優として携わる時に、やっぱり日本人として誇りを持って、時代劇をできる俳優になっていきたいなということを、今回とても強く感じました。なので、僕は英語を勉強してハリウッドを目指すとか、そういった考えはありません。日本人として、時代劇というものを皆さまに楽しんでいただけるエンターテインメントにしていけたらいいなと思っております」と時代劇への熱い思いを語った。

【番組情報】


「闇の歯車」
時代劇専門チャンネルにて2月9日(土)よる8時放送
放送に先駆けて、丸の内TOEI ほか全国5大都市を中心に期間限定上映中!
公式サイト:http://www.yaminohaguruma.jp
公式ツイッター:https://twitter.com/yaminohaguruma

【あらすじ】
江戸・深川。闇の世界で日々の糧を得る佐之助(瑛太)は、行きつけの酒亭「おかめ」で、謎の男・伊兵衛(橋爪)と出会う。百両で押し込みに誘う伊兵衛に危険なにおいを感じるも、ふとしたきっかけで一緒に暮らすことになったおくみ(石橋静河)との未来にほのかな希望を抱き、誘いに乗る。しかし仲間は、浪人、若旦那、白髪の老人と、いつも「おかめ」で顔を合わせながら、口を利いたこともない素人4人。そんな彼らが狙うのは“逢魔が刻”、さる商家に眠る7百両。回り出す闇の歯車。それぞれを取り巻く女たちも巻き込んで、彼らの人生の歯車は静かに狂い始める。