京都勢4年ぶり2校出場 センバツに龍谷大平安と福知山成美

©株式会社京都新聞社

41度目の選抜大会出場が決まり、帽子を投げて喜ぶ龍谷大平安高の選手たち(京都市下京区・龍谷大平安高)

 第91回選抜高校野球大会の選考委員会が25日、大阪市内で行われ、京都から龍谷大平安高(京都市下京区)の3年ぶり41度目、福知山成美高(福知山市)の5年ぶり3度目の出場が決まった。京都勢の2校出場は4年ぶり。滋賀からの選出は5年ぶりになかった。

 龍谷大平安は、昨秋の近畿大会で5年ぶりに優勝。甲子園での春夏通算100勝を達成した昨夏に続き、2季連続の出場となる。福知山成美は10年ぶりに昨秋の府大会を制し、近畿大会ではベスト8入りを果たした。

 このほか、明治神宮大会で優勝した札幌大谷(北海道)や、関東大会を制した桐蔭学園(神奈川)などが選出され、21世紀枠は石岡一(茨城)と富岡西(徳島)、熊本西の3校に決まった。32校が出場する。史上初の選抜大会3連覇と3季連続優勝への注目が集まっていた大阪桐蔭は落選した。

 大会は3月23日から12日間、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われる。組み合わせは3月15日に決まる。