福井県内広い範囲で大雪の恐れ

©株式会社福井新聞社

1月26日午前9時の予想天気図(気象庁ホームページより)

 福井県内は1月26~27日にかけて上空に強い寒気が流れ込み、嶺北地方の山地の多いところで50センチの降雪が見込まれるなど、広い範囲で大雪となる恐れがある。福井地方気象台は25日、奥越に大雪注意報と着雪注意報を出した。県内全域でも交通障害や26日夜遅くにかけての落雷、竜巻などの激しい突風に注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、26日午後6時までの24時間に、多いところで嶺北平地15センチ、同山地50センチ、奥越50センチ、嶺南平地20センチ、同山地40センチの降雪を予想している。

 26日午後6時からの24時間予想降雪量は多いところで20~40センチ。

 気象庁は25日、26~27日は東日本から九州を含む西日本の日本海側と太平洋側の山地を中心に大雪になるとして、交通障害、雪崩や着雪などに警戒を呼び掛けた。