センバツ32校決定

©株式会社宮崎日日新聞社

 第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が25日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開かれた。本県からは日章学園が初めて選ばれた。県勢では昨年の富島、延岡学園の2校選出に続き、2年連続の出場となる。

 日章学園、筑陽学園(福岡)、大分、熊本西の九州勢4校が春初出場となる。

 前回大会準優勝の智弁和歌山や昨秋の明治神宮大会を制した札幌大谷(北海道)なども選出。昨年の甲子園で春夏連覇し、史上初の選抜大会3連覇を狙った大阪桐蔭は選出されなかった。

 戦力以外の要素を加味する21世紀枠は、石岡一(茨城)富岡西(徳島)、熊本西の3校が選出された。春夏通じて初出場は、札幌大谷、石岡一、啓新(福井)富岡西の4校。

 前回大会からの連続出場は智弁和歌山のほかに、東邦(愛知)星稜(石川)松山聖陵(愛媛)。春日部共栄(埼玉)は22年ぶり、米子東(鳥取)は23年ぶりの出場となった。龍谷大平安(京都)は41度目の出場。

 組み合わせ抽選会は3月15日に行われる。