強い寒気、県内大雪に警戒 JRは早めの移動呼び掛け 

©株式会社北國新聞社

 石川県内は26日にかけて今冬一番の寒気の流入で冬型の気圧配置が強まり、平地を含め大雪の恐れがあるとして、金沢地方気象台は25日、警戒を呼び掛けた。JR西日本金沢支社は列車の運休や遅れが発生する場合があるとして、最新の運行状況に注意して早めに移動するよう求めている。

 気象台によると、北陸地方の上空約5千メートルには平年より10度低い氷点下39度以下の強い寒気が流れ込み、27日にかけて冬型の気圧配置が強まる見込み。

 26日午後6時までの24時間降雪量は、多い所で平地は能登30センチ、加賀25センチ、山地は加賀60センチ、能登40センチ。その後も雪は降り続き、27日午後6時までの24時間降雪量は多い所で20~40センチと予想される。

 気象台は大雪による交通障害やなだれ、風雪に注意が必要だとしている。