小林陵侑選手が凱旋出場! FISジャンプワールドカップ2019札幌大会

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で1月27日に放送される「FISジャンプワールドカップ2019札幌大会」(午後3:00)では、男子スキー・ジャンプ界の新エース・小林陵侑選手(土屋ホーム)の活躍が見どころ。札幌の実業団チームに所属しており、“凱旋試合”となる札幌での優勝に期待がかかる。

新たな北京五輪の金メダル候補として注目を集める小林選手は、女子の髙梨沙羅選手と同世代で、今シーズンのワールドカップ(W杯)で総合優勝争いのトップに立つ。年末年始のW杯4試合で行う「ジャンプ週間」も、日本人初となる4戦4勝と完全総合優勝を成し遂げた。世界ランク1位として、今大会に臨む。

小林選手の兄・小林潤志郎選手も、昨季のW杯開幕戦で初優勝。W杯ランキングは日本人選手トップでシーズンを終えると、今シーズンも着々とW杯ポイントを稼ぐなど、兄弟でチームJAPANを牽引する存在だ。また、シーズン序盤は不調だった葛西紀明選手や、故障明けの伊東大貴選手らソチ五輪メダリストのベテランも徐々に調子を上げてきており、日本人選手の上位進出が期待される。

この大会は、1月12・13日に開催された女子の大会に続くもの。同番組では、札幌・大倉山ジャンプ競技場から生中継し、試合の熱気を伝える。また、女子の大会に続いて副音声放送を実施し、“初心者代表”の稲村亜美が、現役時代に「キング・オブ・スキー」の異名を取ったスキーノルディック複合の元日本代表選手・荻原次晴と共に、初心者でも楽しめるトークを展開する。副音声放送席の模様はYoutubeのSTV公式チャンネル(https://www.youtube.com/user/STVhokkaido)でライブ配信もする。解説は、雪印メグミルクスキー部監督の原田雅彦氏、実況は岡崎和久(STVアナウンサー)。

なお、成績は2019年1月7日現在のもの。出場選手は変更になる場合がある。