アジア杯敗退の韓国代表監督「パスサッカーは変えない」

©株式会社コリー

『朝鮮日報』は25日、「韓国代表監督のパウロ・ベント氏は、このスタイルを変えることはないと話した」と報じた。

1960年大会以来の優勝を狙った韓国であるが、今大会ではパウロ・ベント新監督による攻撃的なサッカーが上手く行かず、得点力不足に苦しんだ。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

そしてベスト8の試合ではカタールを相手に0-1で敗北してしまい、2月を待たずに大会を去ることになった。

サポーターからはこのスタイルに「交代策が単調」「バックパスサッカー」との声も相次いでいるが、パウロ・ベント監督は戦術を変更する気はないと答えたという。

パウロ・ベント 「カタールのベスト4進出を祝いたい。我々の組織力はとても良かった。相手は5枚でディフェンスラインを組んでいた。

そして全体的には、我々は多くの得点チャンスを作れてはいなかったが、相手よりも多かった。

先に失点をしてしまったが、ポストに当ててしまうなどチャンスを生かせなかった。相手が我々よりも効率的にプレーしたということ」

「我々のほうが相手よりもチャンスは多かった。今大会では、我々の実力に比較して得点が少なかったことは事実だが、チャンスは多かった。

効率が悪いことは事実だが、未来を考えればスタイルは維持していく。ただし、発展させなければならないことも間違いない。

前半の序盤は良かった。ベスト16の試合を終えた後の休息は短かったが、選手の体調は問題なかった。

ビルドアップの速度が多少落ちたのは事実だ。相手が5バックを組んでいたが、サイドにできるだけ早くボールを送ってオープンにすること、サイドチェンジをすることも考えていた。

サイドの切替が遅くなり、効率的ではなかったが、基本的には試合をよくコントロールしていた。ミスが出てボールを失ったあとも、守備の対処は良かった。もう少し速くプレーが出来なかったことは惜しい」

(試合後に選手たちが審判を取り囲んで抗議していたが)

「判定が結果に影響を及ぼしたとは思わない。プレッシャーを受けているという状況を示したものだ。

審判は試合の流れを上手く掴めなかったとは思うし、イエローカードが出された状況も納得はしていないが、判定のために負けたわけではない。チャンスを生かせなかっただけだ」

(カタールの優勝はある?)

「ベスト4に上がったチームは優勝の可能性が高い。カタールはいいチームだし、いい選手がいる。カウンターが速く、効率的なサッカーをする。

しかし個人的には、同じポルトガル人のカルロス・ケイロスがいるイランに優勝してほしいね」