壇蜜が「まんぷく」出演! 妖しい美人画モデル役で香田家を振り回す

©株式会社東京ニュース通信社

NHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜午前8:00)に、妖しい美人画モデル役で壇蜜が出演することが決まった。1月31日放送回からヒロイン・立花福子(安藤サクラ)の次姉・克子(松下奈緒)の夫で画家の香田忠彦(要潤)の絵のモデルとなる木ノ内秀子役を演じる。壇蜜の同枠出演は、2014年放送の「花子とアン」以来2度目となる。

ドラマは「チキンラーメン」を開発した日清食品の創業者・安藤百福と仁子夫妻をモデルに、戦前から戦後にかけての大阪を舞台に、福子と夫の萬平(長谷川博己)がさまざまな事業に挑戦し、失敗を乗り越えてインスタントラーメンを開発し、世界の食文化に革命をもたらす姿を描くストーリー。

秀子は奔放な言動で克子を嫉妬させて香田家をかき回すが、忠彦の新境地を切り開くきっかけにもなる役どころ。壇蜜は「ドラマの世界観を汚さぬように励みました。悲劇の中から生まれる芸術に、さらなる一手を加えた秀子の存在、ぜひご覧ください。香田家の皆さまを妖しく振り回しました」と役柄の見どころを訴えている。