【高校野球】選抜出場32校決定、落選、サプライズ? 各地区の選考理由は【北海道地区編】

©株式会社Creative2

選抜出場32校決定、北海道地区の選考理由は

明治神宮大会を制した札幌大谷は文句なしの選出

 第91回選抜高校野球大会の出場校を決める選考委員会が25日に大阪市内で行われ、出場32校が発表された。21世紀枠の3校は石岡第一、富岡西、熊本西に決定。北海道は明治神宮大会を制した札幌大谷に加えて、札幌第一が選出された。

 近畿では大会3連覇と春夏春の3季連続優勝がかかった大阪桐蔭が落選、関東・東京の6校目は関東大会8強の横浜が東京大会準Vの東海大菅生との激戦を制し選出されるなど今回の選考も様々なドラマがあった。ここでは各地区の選考理由を振り返る。まずは北海道地区。

 北海道は明治神宮大会を制した札幌大谷に加えて、札幌第一が選出された。磯部史雄委員長(日大三→法政大→日本石油)は2チームの選考理由を以下のように説明している。

○札幌大谷

「中高一貫校の札幌大谷は主力選手の多くを中学の出身者で占めており、準決勝、決勝の2試合ともに逆転で勝利。劣勢に立っても決して諦めなかったのは、一緒にやってきた仲間との団結力でした。本格派右腕の西原投手と、右横手投げの太田投手の継投策で勝ち上がりました。本調子でなかった西原投手の後を任された太田投手が、この大会4試合26イニングで防御率1.06と素晴らしい活躍を見せ、優勝の原動力となりました。この大会4試合でチーム打率は3割1分3厘。特に際立つ選手はいませんが、ここぞという時に畳みかける全員野球は見事でした。初出場の神宮大会でも投打にこの勢いは止まらず、強豪を次々に倒し、初優勝を飾りました。道大会から試合を重ねるごとに選手が成長していく姿に正直驚かされました」

○札幌第一

「札幌第一は打撃のチームで、上位4校中トップのチーム打率を残しており、4番の村田捕手を軸にした上位の振りの鋭さが印象的でした。投手にエース格はいませんが、左の畠山投手はカーブのキレがよく、三振の取れる中心的な存在で、右の野島投手との継投策で勝ち上がりました。両チームともに課題は守備力で、特に内野手は一歩目の出足が鈍く、基本からもう一度立て直す必要があると感じました。大会を通じ全19試合でエラーがなかったのは2試合だけと、各校とも守備力強化が求められるところであります」(松倉雄太 / Yuta Matsukura)