【高校野球】選抜出場32校決定、落選、サプライズ? 各地区の選考理由【東海地区編】

©株式会社Creative2

選抜出場32校決定、東海地区の選考理由は

東海地区は東海大会の優勝・東邦、準優勝の津田学園が順当に選出

 第91回選抜高校野球大会の出場校を決める選考委員会が25日に大阪市内で行われ、出場32校が発表された。21世紀枠の3校は石岡第一、富岡西、熊本西に決定。北海道は明治神宮大会を制した札幌大谷に加えて、札幌第一が選出された。

 近畿では大会3連覇と春夏春の3季連続優勝がかかった大阪桐蔭が落選、関東・東京の6校目は関東大会8強の横浜が東京大会準Vの東海大菅生との激戦を制し選出されるなど今回の選考も様々なドラマがあった。ここでは各地区の選考理由を振り返る。今回は東海地区。

 東海は東海大会優勝・東邦、準優勝・津田学園の2校。松元泰氏(宮崎県高野連元理事長)は2チームの選考理由を以下のように説明している。

○東邦

「優勝した東邦は、攻守のレベルが高く、充実した戦力が評価されました。打線は全3試合で二桁安打と切れ目がなく、長打力と勝負強さが光りました。特に準決勝の中京学院大中京戦は9回裏5点差を追いつき、さらに1点を勝ち越された延長10回裏に脅威の粘りで逆転サヨナラ勝ちをおさめ、底力を見せつけました。主将で3番の石川君は打率が6割を超え、先発した決勝では最速144キロをマーク。2失点で完投勝利を挙げ、投打で存在感を示しました。投手としても今後の飛躍的成長が期待されます。守備は3試合で1失策。ショート・熊田君の華麗で堅実なフィールディングが目を引きました。投手陣に安定感が出てくれば、全国大会でも十分に上位が狙える戦力です」

○津田学園

「東邦に決勝で一方的に敗れた津田学園と、準決勝で激戦の末にサヨナラ負けした中京学院大中京との比較になりましたが、投打の軸を擁し、3勝して準優勝した津田学園の実績と主戦・前君の投手成績が上回っての選出となりました。前君は決勝こそ打ち込まれましたが、準決勝まで3試合連続完投しており、140キロ台のストレートとキレのあるスライダーを武器に全て3点以内に抑える安定感のある投球を見せました。冬場を通じてさらに制球の安定や精度の向上に努めてほしいと思います。打線は3試合連続本塁打の4番・前川君を軸に切れ目がなく、つながりのある攻撃で圧倒。準決勝の中京大中京戦は手堅い攻めも光りました。課題は前君に次ぐ投手陣と内野陣の整備であります」(松倉雄太 / Yuta Matsukura)