<能代火災2人死亡>2遺体は消防士と判明 原因究明へ調査委設置

©株式会社河北新報社

 秋田県能代市富町の武田安一さん(94)方の住宅兼店舗などが全焼した22日の火災で、焼け跡から見つかった2人の遺体は25日、能代署の調べで、消火活動中だった能代消防署の消防士長藤田大志さん(32)=能代市=と消防副士長佐藤翔さん(26)=同=と判明した。能代山本広域消防本部は同日までに、消火態勢などを検証する調査委員会を設置した。

 委員は現時点で消防本部の幹部9人。伊藤智消防長が委員長を務める。調査の客観性を保つため、秋田市消防本部の関係者らにも参加を要請している。

 火災発生時に現場で活動していた全消防署員に聞き取りし、無線記録を調べるなどして原因究明を進める。2人が亡くなるまでの経緯や改善点を報告書にまとめ、再発防止に生かす。報告書の作成期限は設けていない。

 消防本部は、当時の指揮命令系統や装備に問題はなく、2人の判断が遅れたために亡くなったとの認識を示している。