【高校野球】選抜出場32校決定、落選、サプライズ? 各地区の選考理由【近畿地区編】

©株式会社Creative2

選抜出場32校決定、近畿地区の選考理由は

近畿大会ベスト4は順当に選出、残り2枠は?

 第91回選抜高校野球大会の出場校を決める選考委員会が25日に大阪市内で行われ、出場32校が発表された。21世紀枠の3校は石岡第一、富岡西、熊本西に決定。北海道は明治神宮大会を制した札幌大谷に加えて、札幌第一が選出された。

 近畿では大会3連覇と春夏春の3季連続優勝がかかった大阪桐蔭が落選、関東・東京の6校目は関東大会8強の横浜が東京大会準Vの東海大菅生との激戦を制し選出されるなど今回の選考も様々なドラマがあった。ここでは各地区の選考理由を振り返る。今回は近畿地区。

 近畿は、秋の近畿大会ベスト4に残った龍谷大平安、明石商、履正社、智弁和歌山が順当に選ばれ、残る2校は福知山成美、市和歌山に。大会3連覇と春夏春の3季連続優勝がかかった大阪桐蔭は近畿大会でベスト8止まりとなっており、落選となった。前田正治委員長(明星→関西大→日本新薬・現在NHK高校野球解説者)は6チームの選考理由を以下のように説明している。

○龍谷大平安

「龍谷大平安高校は京都府大会では3位でしたが、初戦奈良県1位の天理高校に勝利して以降、1戦ごとに力をつけて見事に近畿大会を制しました。エース野澤は1回戦、準々決勝では抑えとして登板。準決勝、決勝では先発で登板。連投で完投勝利を挙げました。防御率は0.38。インコースを大胆に突くストレートと、スライダー、チェンジアップをうまく使い、安定感があり、また非常に粘り強い投球をします。攻撃陣では昨年夏の甲子園経験があるキャプテンで4番の水谷と2番・北村がチームを引っ張り、5番・1年生の奥村が台頭し長打力、走力、小技が備わり、攻撃のバリエーションが広がりました。持ち味の守備力をより一層鍛え、2番手、3番手の投手を育成すれば、全国上位を狙えるチームになると思われます」

○明石商業

「エースの右腕・中森が140キロ中盤のストレートとキレの良い変化球で打者を牛耳る好投手です。2番手の宮口は、右サイド気味から非常にキレの良いスライダーと落ちるボールを駆使して安定した投球ができます。防御率も0.34です。攻撃面では俊足強打の1番打者・来田がチャンスに強く、抜群のバッティングセンスを持っています。その来田を起点に1番から9番まで切れ目がなく、どこからでも得点でき、エンドラン、進塁打など状況に応じた攻撃ができ、得点力は高いです。バッテリーを中心に守り勝つ野球が身上で、守備力を鍛え上げれば、全国上位を狙えるチームです」

福知山成美は試合運びと京都1位を、市和歌山は龍谷大平安との接戦を評価

○履正社

「エース左腕・清水が140キロ中盤のノビのあるストレートとキレのあるスライダーで三振を多く取れる好投手です。準々決勝の福知山成美戦では被安打3、毎回の12三振を奪い、完封する好投も見せました。攻撃面は上位、下位ともに長打力のある打者が揃っています。特に3番・小深田、4番・井上は長打力もあり、勝負強い打者です。攻撃のスタイルは手堅く走者を進め、着実に得点を積み重ねていくスタイルです。守備面は強肩で的確な指示を送れるキャッチャーの野口を中心として安定しているので、守りでリズムを作り、攻撃につなげる安定した試合運びができます」

○智弁和歌山

「準決勝の明石商業高校戦で5回コールド負けするなど投手力の不安は覗かせたものの、攻撃面で旧チームから主力として残る西川、黒川、東妻、根来の中軸に加え、下位打線も試合ごとに成長し、つながりのある強力打線は健在です。守備においてもキャッチャーの東妻、ショートの西川を中心に安定しており、1年生左腕の池田泰騎、2年生右腕・池田陽佑を中心に投手力の強化を図り、守備全体の更なる強化を図れば、昨年の選抜のような活躍も期待できると思われます」

○福知山成美

「エース小橋が制球力抜群の投球で試合を組み立てます。前半に崩れることはない好投手です。特に右打者のアウトコースへのコントロールは抜群で、後半に捕らえられることが多いので、スタミナの強化と今一歩の投球術を磨くことで甲子園での大活躍も期待できる投手です。攻撃面は上位打線に好打者が揃い、特に強打の2番打者・人知は抜群のバッティングセンスで広角に打ち分け、長打力もあり、チャンスでの強さが光ります。守備面では東原、岡田の二遊間が内野陣をけん引して守りのリズムを作り、準々決勝で敗退となりましたが、安定感のある試合運びと、京都での1位を評価いたしました」

○市和歌山

「エース・岩本のコントロールが良く、多彩な変化球を擁する左腕で、マウンド度胸も良く、安定した投球で試合を作ります。攻撃面ではどの打者も粘り強く、バント、エンドランなど幅広く攻撃ができ、着実に得点を重ねることができます。守備面においてもセンターラインを中心に粘り強く守り、攻守ともにチーム一丸となって戦っており、試合を重ねるごとに成長を感じるチームとなりました。選手間の意思疎通が徹底されており、攻守ともに粘りのある戦いを演じます。優勝した龍谷大平安戦では相手投手の得意とするボールを全員で攻略し、最後の最後まで粘り強く接戦を演じる戦いぶりを見せました」(松倉雄太 / Yuta Matsukura)