【高校野球】選抜出場32校決定、落選、サプライズ? 各地区の選考理由【中国・四国地区編】

©株式会社Creative2

選抜出場32校決定、中国・四国地区の選考理由は

中国大会を制した広陵は最速147キロ右腕・河野が大黒柱

 第91回選抜高校野球大会の出場校を決める選考委員会が25日に大阪市内で行われ、出場32校が発表された。21世紀枠の3校は石岡第一、富岡西、熊本西に決定。北海道は明治神宮大会を制した札幌大谷に加えて、札幌第一が選出された。

 近畿では大会3連覇と春夏春の3季連続優勝がかかった大阪桐蔭が落選、関東・東京の6校目は関東大会8強の横浜が東京大会準Vの東海大菅生との激戦を制し選出されるなど今回の選考も様々なドラマがあった。ここでは各地区の選考理由を振り返る。今回は中国・四国地区。

 中国・四国は広陵、米子東、高松商、松山聖陵、呉の5校。井尻陽久委員長(東海大相模→東海大→日本生命)は選考理由を以下のように説明している。

○広陵

「中国大会を優勝。投打に高いレベルで12年ぶり11回目の中国大会の頂点に立った。チーム打率3割6分6厘、ヒットエンドラン、バスターと機動力を絡めた攻撃力と、最速147キロエース右腕・河野と、変化球にキレのある左腕・石原を擁し、安定した戦いを見せた。伝統の守備も鍛えられており、全国の強豪と互角に戦える力を持っています」

○米子東

「開星高校を7対6、倉敷商業高校を8対6、呉高校を6対5と接戦を制し、23年ぶりに決勝に進出しました。9打点の4番・福島を中心とした打線は、チャンスで粘り強い攻撃を見せた。投手力は左腕エース・森下が、縦の大きいカーブと130キロ台のストレートを低めに根気よく投げ、粘りの投球で好投した。選手16名ながら、高校生らしくキビキビとした好チームであります」

○高松商

「3年ぶり9回目の四国大会優勝。走攻守にバランスの取れた好チームであります。打線はコンパクトに鋭いスイングで3試合35安打、足を絡めた攻撃で得点を重ねました。エース左腕・香川は140キロ台のキレのあるストレートと、チェンジアップ、スライダーで緩急をうまく使い好投しました。右腕・中塚は130キロ中盤のストレートとカットボールで打たせて取る投球を見せました」

○松山聖陵

「四国大会準優勝。4試合で失点10、失策3。全試合3失点以内と安定した試合運びで健闘しました。188センチ右腕・根本は長身から角度のあるストレートと変化球を低めに投げました。1年生右腕・平安山はスリークオーターからMAX140キロのストレートと、キレの良いスライダーで好投しました。チーム打率2割6分4厘の打線は集中打が見られたが、打撃力の更なる強化を期待したいと思います」

○呉

「中国・四国地区5校目の呉高校は、高知商業高校との比較となりましたが、投手力の差が決め手となりました。岩国商業高校を6対1、岡山理大附属を11対3と勝ち進みました。準決勝で米子東高校と延長13回タイブレークで惜しくも6対5で敗れました。エース右腕・沼田仁は172センチと小柄ながらキレの良いストレートと横に曲がる大小のスライダーを低めにコントロールし、バッテリーを中心としたセンターラインも安定しています。攻撃は長打力にやや欠けますが、全力疾走の走塁を含め、勢いのある攻撃を展開していました」(松倉雄太 / Yuta Matsukura)