護衛艦いずもの韓国寄港中止調整

関係悪化で防衛省

©一般社団法人共同通信社

海上自衛隊の護衛艦「いずも」

 防衛省は今春に計画していた海上自衛隊の護衛艦「いずも」の韓国への寄港を取りやめる方向で調整に入った。政府関係者が26日、明らかにした。韓国海軍艦艇による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題などで日韓関係が悪化する中、防衛当局間の交流縮小が現実味を帯びてきた。

 岩屋毅防衛相は大分県別府市で記者団に、日韓の防衛交流に関し「維持していくことは非常に大事だが、どのような交流の仕方が最も適切か適宜判断したい」と述べ、縮小を示唆した。

 関係者によると、春に韓国で開催予定のASEAN拡大国防相会議の関連会合に合わせ、多国間の共同訓練が計画されている。