「しまてつ カフェトレイン」運行 景色とランチ満喫

©株式会社長崎新聞社

 島原鉄道(長崎県島原市)は26日、沿線にあるカフェや洋菓子店のカレーやスイーツを車内で提供する企画列車「しまてつ カフェトレイン」を運行した。参加者は車窓から見える雲仙の山々や有明海の美しい景色を眺めながらランチとティータイムを満喫した。

 列車の旅を島原観光につなげようと同社が企画。昨年8月、11月に続き3回目。長崎や諫早などから家族連れら36人が参加した。

 諫早駅を出発し、島原駅まで片道2時間の旅。乗客は古部駅(雲仙市瑞穂町)前にあるカフェ「ぽっぽや茶葉」の「茶っ葉グリーンカレー」やスイーツなど3品を味わい、「日本で一番海に近い駅」ともいわれる大三東(おおみさき)駅(島原市有明町)では、黄色いハンカチに願い事などを書き、ホーム上に取り付けて幸せを祈願した。

 家族3人で乗車した長崎市立矢上小5年の園田尚真君(10)は「景色を見ながらのカレーはおいしかった。また参加したい」と話した。

 次回は2月23日。料金は飲食代込み大人5千円、小学生3千円。翌日まで有効の復路切符のほか、島原城天守閣と湧水庭園四明荘の入場特典付き。同鉄道島原駅(電0957・62・4705)。

車窓を眺めながらスイーツを満喫する参加者