昼前まで西~東日本の日本海側で大雪注意

©株式会社ウェザーマップ

東日本や西日本の大雪のピークは越えましたが、きょう27日(日)昼前まで東日本や西日本の日本海側の山沿いを中心に、大雪や路面の凍結による交通障害に注意が必要です。

上空5500メートル付近にあった-39℃以下の強い寒気は、日本の東に抜けましたが、日本付近は冬型の気圧配置となっています。冬型の気圧配置はきょうの午後には次第に緩む見込みです。

今夜までの12時間に予想される降雪量は、多いところで、関東甲信、北陸で15センチ、近畿で10センチとなっています。大雪や路面の凍結による交通障害に注意するとともに、積雪の多い地域ではなだれに注意が必要です。

気象予報士・長谷部 愛

画像について:27日正午の雪の予想。