バカリズムは東京03・角田晃広がうらやましい?「東京03の好きにさせるかッ!」収録に潜入!!

©株式会社東京ニュース通信社

バカリズムは東京03・角田晃広がうらやましい?「東京03の好きにさせるかッ!」収録に潜入!!

NHK周りのテレビ番組の情報を追っている記者が、今回はラジオ番組にも潜入! その第2弾は、第1弾と同様に「東京03の好きにさせるかッ!」(NHKラジオ第1)です。実力派のお笑いトリオ・東京03(飯塚悟志、豊本明長、角田晃広)がゲストを招き、日頃感じる“イライラ”や“あるある”をラジオコントにして笑い飛ばす番組。1月29日放送の午後9時台にゲスト出演されるバカリズムさんの収録にお邪魔してきました。

──仲の良いバカリズム(升野英知)さんとのラジオコントは、いかがでしたか?

飯塚「升野くんは、なんかもう相方みたいな感じが…」

升野「そうね、久しぶりにネタやりましたね」

飯塚「ほんとにしっくりくるから、升野くんに(台本の)手直しをしてもらったんですよ。だからめちゃくちゃ面白くなっていたし、楽しかったです」

豊本「メンバーというか。昔から升野くんと俺と飯塚さんがバカリズムなんだよね。7番目か8番目か分かんないけどメンバーなんだよ」

飯塚「7番目か8番目ってまあまあいるな!(笑)」

豊本「この2人はメンバーだからって言われたことあるんだよ。この3人(飯塚、豊本、升野)はバカリズム」

角田「俺は?」

升野「また今度、追って連絡します」

角田「落ちてるやつだよ(笑)」

インタビューの時も常に笑わせようとする皆さん(笑)。現場が和やかなムードで始終楽しい雰囲気に。

──さて、今回のラジオコントは「アイツだけ笑ってない」というタイトル。社内で自身の面白エピソードを話す会社員役の角田さんは、バカリズムさんが演じる全然笑わない社員に対して、大声を出してしまいます。角田さんはバカリズムさんに大声を引き出されたと言われていましたが…。

角田「結局どういう人間かがバレているので。嫌なところを突かれちゃうんだよね、どうしても声を出さずにはいられない状態に追い込まれるので、その分コントとしては面白いですし、楽しいです」

升野「こういう役やらせたら角田さんはもう絶品ですよね。自分でも分かっているからノっていましたよね。たまにありますよね、角田さんがノっている時」

角田「そういう時って飯塚さんとか升野さんは『ノってるな』って思うタイプの人間だから、それはそれでやりづらいの」

升野「単独ライブを見に行った時も、俺はその回しか見てないんだけど、このネタのこの部分って角田さんノっているんだろうなって分かるんです」

角田「そういう見方をするんじゃないよ!」

升野「(今回は)ノってくれて良かったなって思いましたね」

角田「まんまとノせられました」

──ノってることが見透かされているっていうのが、ラジオコントの役柄そのままですね。台本は、かもめんたるの岩崎う大さんが書かれたそうですが、台本を見た時にはこのままの関係性だなって思われたんですか?

升野「面白かったですね、いい題材で。全然直す必要なかったんですけど、なんかちょっと入れてよって言われたので、自分っぽいものとかも入れたりとかして、楽しかったです。 久しぶりの感じというか、僕はもっと早く呼ばれると思っていたから」

飯塚「僕らは呼んでいたんですよ。 升野くん入れてくださいって言っていたんですよ。結構序盤で言っていました」

升野「逆にね、ここまで呼ばれないとなんか避けられているのかなって。やっと呼ばれたから『呼ぶんかい!』みたいな。『じゃあもっと早く呼ぶだろ!』みたいな(笑)」

飯塚「何でキレてんだよ(笑)」

バカリズムさんは、なかなかゲストに呼ばれないことにもやもやしていたようです。

──今回、ラジオでのコントに挑戦してみて、テレビや舞台と違うと思ったことはありましたか?

飯塚「全然意識してなかった」

升野「ないですね。読みながらできるっていうだけですよね。でもこれ聞く側としてはいいですよね。聞きながらいろいろ想像できちゃうから。音だけのコントっていうのはそういう面白さはありますよね」

飯塚「状況をね」

升野「想像が膨らむというか」

──確かに、皆さんがどんな役なのかを声を聞いて想像できる楽しさがラジオコントにはありますね。また、スタジオトークでは「センスのある人、ない人」というテーマで昔のお話をされていましたが、当時を振り返っていかがでしょうか。

升野「俺ら、もうずっと昔の話していますよね。プラドラ(角田が以前所属していたお笑いトリオ・プラスドライバーの略称)いじり何回やったことか。もう許してやれよっていうぐらい(笑)」

飯塚「最初はなんかね、ふざけたトーンで話しているんだけど、だんだん熱を帯びてくるんだよね」

升野「俺、毎年実家に帰るんですけど、実家に帰ると親がまだ当時のお笑い雑誌をとっておいてくれているんですよ。そういうのを懐かしくて見ると、目を引くのはプラドラだなって。ひときわ異彩を放っていて、当時の思い出がまたよみがえってくるという」

角田「いいよ、そういうの捨ててくれよ。迷惑だよ、もう」

升野「いたな、ダサいやついたなーって(笑)」

角田「それをインスタに上げるのやめてくれよ。昔の記事をさー。びっくりするんだよ、急に」

──ラジオコントを聞かせていただいた中で、バカリズムさんの分析力がすごいなって思ったのですが、東京03のお三方はどう思ってらっしゃいますか?

飯塚「すごいですよ。的確ですしね、間違ったこと絶対に言わないから。分かるよね」

豊本「うん、そう」

升野「そんなことない(笑)」

角田「そうだよ。言われたらそうだってなることしか言わないもん」

升野「みんなたぶん思っているんですよ。ただ僕はそれをあえて言語化しているだけで」

角田「俺は思ってない時もあるよ。寝耳に水の時あるよ」

飯塚「それこそ天然エピソードを自分で話すのがダメなのか、分かる人は分かるけど、分かんない人は一生分かんないと思うんですよね」

升野「うん。そこから何かが巻き起こっちゃったらありなんですよ。入り口が自分の聞き間違いから始まっていたらいいんですけど、(コント内のせりふの)『俺、聞き間違えたんだよ、面白くない?』はね。これは元の台本になかったんですよ」

──へー! そうなんですね。バカリズムさんが東京03の皆さんのキャラクターを生かしたところなども考えながらラジオコントを聞くと、さらに楽しくなりそうです。そういえば、バカリズムさんがセンスという部分で攻められる場面がないと思うんですけど。

升野「俺、すごく嫌ですよ。プレッシャーを与えられるというか。俺、自分からセンスって言葉を一言も言ったことないんですよ。俺はどっちかっていうと角田さんみたいに、(角田のまねをして)『いやー、俺もうセンスねーから!』『センス諦めたから』ってなりたいですもん」

角田「そんなこと言ってねーよ」

升野「(再び角田のものまねをして)『俺はもうありのままさらけ出してっから』『俺、センス分かんねーから、よろしく!』」みたいな(笑)」

角田「そんなイメージかよ、『よろしく!』じゃねーよ」

升野「それが一番ダメージが少ないんですよ」

飯塚「でもどこかのタイミングでそこから逃げないように決めたでしょ。『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)で優勝したり、向田邦子賞とかバックボーンがちゃんとしているし、そこから逃げる気がないんだろうなって、最近特に思いますね。升野くん覚悟決めたなって」

升野「逃がしてもらえないなっていうのが、ありますね。絶対得しないんですよ! 得ないんですよ! ほんとに!」

豊本「そうだよね」

升野「はい、センスあるんでしょ! みたいな感じで来られるんですよ。そんなのやりづらいに決まってるじゃないですか。うらやましいんですよ、角田さんのこと。そういう人の方がかわいげがあるっていうか。何をしても『もう、角田さーん』みたいな」

角田「あははは(笑)」

──今後、この番組でやりたいことはなんでしょうか?

飯塚「今は3カ月に1回なので、ペースを上げたいですね。升野くんとか気心が知れた方がちょくちょく来てくれたらありがたいですね」

豊本「回数が増えたら2回目の人も呼びたいですね」

角田「回数少ないと同じ人を呼びづらいもんね」

升野「これって収録なんですよね。生とかもいいですよね 」

豊本「おおっ」

飯塚「なかなかの緊張感だね」

升野「生でコントって面白いと思うんですよね。アドリブやコントの最中に崩れていくことや、角田さんが間違えたりとか、そんなのもひっくるめて楽しさでもあるので、生でやると面白いかなって。バタバタしちゃったり、予想外のことが起こったり、そういうのもできればなあと思います。僕らはもともと客前一発本番っていう番組をやっていたので、あの緊張感って成功した時に楽しいし、ああいうのがいいなって思います」

飯塚「充実感とか達成感が違うんだよね」

升野「あれに慣れちゃっているからそれぐらいやらないとゾクゾクしなくなっちゃってるんですよ」

飯塚「その時は升野くんも」

升野「ぜひぜひ」

気心の知れたバカリズムさんと東京03さんならではの仲の良さがうかがえる笑いの絶えない取材でした。バカリズムさんの愛があふれる角田さんいじりや、昔話に花が咲いていたスタジオトークは必聴です!

【番組情報】


「東京03の好きにさせるかッ!」
NHKラジオ第1
1月29日 午後8:05~9:55(中断ニュース・天気あり)